忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥  
我楽多日誌
爆走社会人の日記。 主婦日記は別ブログへ・・・(右上にリンク有)
 319 |  318 |  317 |  316 |  315 |  314 |  313 |  312 |  311 |  310 |  309 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下向きです。
とうとう彼氏と別れてしまいました。
もう、大分前から私は今の状況に息切れしていて、全然悪くないのに彼を責めたりしてしまっていました。
・・・いや、全然悪くない、は嘘ですね。二人の事なんだから、多分お互いが悪かったはずなんだ。

彼が私と出会った頃は、私も彼も"遊び期"だったんです。
デートして、あそんで、家でも割と自由に遊んで、仕事も、まあそこそこやってて貯金もまあそこそこ。
それがそのうち、私が"仕事期"になっていって、仕事を一生懸命やって、その合間に彼とのデートをいれて、職場であった事を毎日メールする、みたいな。
更にそのうち、私は仕事は放っておいてもソツなくこなせるようになってきたので"結婚したい期"にはいるのです。
彼はそのころ丁度"遊び期"から"仕事期"にうつる途中で、でもまだ余裕があったので、私の「結婚しよう」に同意してがんばってくれようとしたのでした。
でも、その後彼はすぐ"仕事期"に移ってしまい、グチをいいつつも仕事が第一、疲れれば仕事のために寝る。合間はストレスたまるから息抜きしちゃう・・・って感じで、私の"結婚したい期"に合わせる余裕がなくなってしまっていたのです。

それでも、周りが順調に結婚を許してくれて、後押しするような感じであれば、彼の負担も多くなく、きっとそれなりにいまくいったんだろうな。
だけど、彼にはちょっと複雑な家庭の事情があって、それをすんなり受け入れるような私の家庭でなく・・・・。
"仕事期"の彼はなかなか私の家庭の説得に協力してくれず、私は一人ですごくがんばったけど、全然はかどらなかったのです。

そして、私が弱音を吐くようになります。
彼は優しい人なので励ましてくれるのですが、仕事がいそがしくなるとそっちに一生懸命。私との間の事にかまけていられなくなって、結局そのまま流れちゃう。私は蔑ろにされているように感じて彼を責めちゃう。
その繰り返しが何度かありました。

そして年末に彼が重い腰を上げて我が家にきてくれて。
私は色々整理したかった事もあって、忙しく余裕のなかった前の仕事を辞めて、余裕ある仕事に転職しました。

1週間前くらいのこと。
気がついちゃった。
彼は愚痴ばっかりいってるけど、ホントは仕事がすごく大事で、きっとキライじゃないんだな。
それで、一生懸命なんだな。
私のことは本当にスキで居てくれるんだろうけど、今はきっと余裕がない。
もしかしたら余裕はあるのかもしれないけど、それに気付いてうまくさばけるほどまだ大人じゃないんだろうな。
あと、きっと5年・・・せめて3年して、今の私の年齢に近くなれば、きっともっと余裕があってイイオトコになって、大人になるんだろうな。

でも、私は待てない気がするなって、思ったの。
彼も待ってとはいわなかった。
どうしても待って欲しいって言われたら待ちたかった。
一緒に生きたかったよ。
彼がとってもイイオトコになるだろう事を疑わない。

状況とか、(年齢も含めた)タイミングとか、そういうのが合わなかったんだなって思う。

でも、あんなに私に合わせてくれて、優しくしようと努力してくれて、私が理不尽な事を言っても許してくれた人を他に知らない。
できることならとりもどしたい。

二人で号泣しながらだした結論だけど、
ちょっとしばらくは泣いて暇をつぶすことになりそうです。



・・・メール、しちゃうんだよね・・・・
返事はこないから、ストーキングのようで辛いけど。
もうこのブログも彼はよんでくれないだろう。
でも、ごめんね。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
あぁ…
そんな。。つらいなあ。読んでる私も。

当人同士の結婚しようという意思と
周りのいろんな事情とがぶつかり合ってそのまま勢いで壁を越えてしまうときと超えられないときがあるんだろうね。結婚って言うのは。。。
私は結婚したいという強い意志なんかなくて…
でも周りの反応は何となく賛成モードでそのまま突き進んでしまった。
そして十数年後に離婚。
後悔してないって言ったらウソになる。
コッチさんもきっといろんな後悔をしてるんだろうね…
たくさん泣いてイイと思う。
たくさん考えて…それで…この結論がやっぱり正しいと思ったら受け入れたら。。。どうかなぁ。。うまくいえなくてごめんなさい。

慰めても仕方ないと思うから。どうか体をこわさないようにね。
つきみぃ URL 2008/01/26(Sat)17:45:09 編集
一緒に悲しんでくれてありがとうございます
勢いでカベを越えてしまおうとするには、口に出してるよりも私も彼も家族思いだったようなんです。
そして、お互いに「結婚したら幸せにするから大丈夫」って自信を持っていえるだけのものができてなかったんだと思います。

メールの返事は、来たんですよ^^
ちょっと精神的に落ち着きました。
しばらくは自然に任せて、無理なくやっていきたいなって思っています。
コッチ   2008/01/26 18:08
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  我楽多日誌  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
ブログリニューアル
リニューアルして再開しました!
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のコメント
[01/08 つきみぃ]
[01/05 ぷら]
[11/17 マーファ]
[11/12 ぷら]
[10/24 つきみぃ]
お世話になってます