忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥  
我楽多日誌
爆走社会人の日記。 主婦日記は別ブログへ・・・(右上にリンク有)
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ring.jpg

エンゲージリング もらいました。
マリッジとのセットリングになるんだそうです。

ほんとにほんとに嬉しかった。
がんばってます。

でも、既に傷だらけ…
大事にしてるのにな。

 
PR
4日前に彼が我が家に正式に挨拶にきてくれました。
私の両親は
「もうちゃんと誠実な気持ちは伝わってるから正式な挨拶はいらないよ」
っていってたんだけど、けじめだからといってきてくれました。
本当にうれしい^^
たぶん、両親も彼の真面目な人柄が伝わってきて嬉しかったと思う(*^^*)

これまでにすでに顔を合わせてかなり彼を気に入った様子の両親がいて、正式な挨拶といっても形ばかりで昼間から彼と父が酒盛りしていました。
・・・15時からウェディングプランナーさんと初回打ち合わせがあったのにね(==)
大した打ち合わせじゃなかったからいいけど、「きもちわるい~~~;お父さんのお酌断れなくてのみすぎた~!打ち合わせはすべて任せた!」ってオイ(怒)
まあ、でも、そういう合わせちゃうところも好きなんだよ。まいったなあ

で。
どんどん進んで今日は両家顔合わせをしました。
といっても、お互いの親を引き合わせただけですけど。
結納はしないけど、何度か食事会とかして仲良くしていこうって彼といっていたから、父が行きつけの我が家の近所のうなぎ屋さんに3000円のお料理で個室を予約してお昼にいってきました。

とにかくねえ・・・・・
ごはんがおいしかった!!!!!!!!!!!(・_・;
3000円とは思えないボリュームです。
次から次へとお料理が!!!!!!
お父さんたちはビールで、ほかの人々はノンアルコールビールで乾杯したんですけど、ビールなくなってもまだおかず。
〆は当然ミニうな丼。超おいしい(@@;;;

と、いうのはともかく。

本当にいいご両親で、とっても話も弾んで、良い顔合わせができたんじゃないかなって思いました。
うちの両親も「普通の家庭でよかった」ってすごく安心してて、おつきあいしていきやすそうって思ったみたいだし、よかったぁ~。

まだいりぐち。
私と彼との結婚まではもうちょっとあるけど、いい形で結婚生活に入れるように努力していくよ!!
がんばりまーす!

私の結婚式が決定しました。

3月27日です!

とっても大好きで、私をすごく幸せにしてくれそうな彼と一緒に暮らせる日^^


このブログとHPを閉鎖する日をそろそろ決めなきゃって思っています。
ずっと、結婚するときにはそうしようって思っていたの。

だって、過去の彼氏のこととか満載だし。
彼は私が元彼の話をすることをとっても嫌がるもの。
でも、彼との生活に秘密は持ち込みたくないから。
内緒で更新とかしたくない。

もし、またブログをかくことがあれば、また新しいものを立ち上げると思うの。


だから、私の新しい生活のために、3月にはこのサイトを閉鎖します。

あまり客足も遠のいてたし(私が更新しないから悪いんだけど。)、大丈夫だとは思うけど、それまでよろしくお願いいたします。


なんかね、なんかね、式場仮予約してきました。

進みが早過ぎる…

えぇと、何が起こったかと言うと、彼の家に顔を出したら彼のお父様が
「早く結婚しろ3月だ沖縄だ
と騒ぎはじめ、そのことを私が家で笑い話で伝えたら
「私も3月がいいわぁ」
とか私の母が言い出したのです。

あまりに彼等が騒ぐので、私たちも3月がいいような気がしてきてしまいました。

だがしかし、まだ親の顔合わせもしてないのにそんなこと決めれない…
と言うことで顔合わせの日程だけ2週間後に決めました。

そしたら今度は私の母が
「あなたたち、そんなのんびりしてたら3月の式なんて挙げられないわよ早く式場決めなさいよ」
とか言い出すわけです。

(だからまだ3月って決めてないじゃん…)

(しかもまだ正式に彼は結婚したいって私の親に挨拶にきてないし)

とかブツブツ言ってたら、そんなもんは省略していいと言われ。(オイ

それならば、と、かねてから目をつけていたホテルのブライダルフェアを予約しました。
先月末に、彼に私の家に来てもらいました。
「とりあえず、親に付き合ってますよって挨拶してくれないかな」っていう私の要望に応えるためです。

「え~・・・気が進まない・・・」って彼が何度も言うのでさみしくなったりもしました。
彼は私との将来に不安があるのに私が無理矢理家に挨拶に来いっていってるのかな、とか。

ところが、訪問予定日の数日前に彼が言うのです
「いい加減なこと言って茶化してたけど、本当はすごく不安なんだ。
ちゃんとコッチと結婚したいって思ってるから、家を訪問したときに失敗したくないんだ。
なにか不安要素があったら対策考えるからいってくれない?
コッチの両親に反対されたらどうするの?別れるっていうの?」って。

私はとっても嬉しくて、大丈夫、あなたならうちの親は必ずいいよっていうし、万が一ダメっていわれたら駆け落ちしてもいいくらいはあなたを信頼してるよって何度も伝えました。

我が家も我が家で1週間前から障子を張り替えたり大掃除が始まったりと大騒ぎだったけど、普通に彼はご飯を食べて帰っていきました。
私の両親も彼をちゃんと評価してくれたようで
「いい加減には見えなかったし、しっかりしてるし、いいと思うよ。今後のことはよく二人で話し合って決めなさい」
っていってくれました。
本当に本当にうれしかった!
私はずっと親にまた反対されたらどうしようって思ってたんだなって思ったよ。
その心配がなくなって、ほっとして、とっても彼と結婚したくなっちゃった☆
Copyright(c)  我楽多日誌  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
ブログリニューアル
リニューアルして再開しました!
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のコメント
[01/08 つきみぃ]
[01/05 ぷら]
[11/17 マーファ]
[11/12 ぷら]
[10/24 つきみぃ]
お世話になってます